교직원 신년 인사 教職員の新年のあいさつ

안녕하십니까? 2018년 새해가 밝았습니다.지난 1월 6일 첫 직원회의 때, 저희 금강학원 교직원들에게 했던 인사말씀입니다.참고해 주시기 바라며, 올 한해도 잘 부탁드립니다.

アンニョンハセヨ? 2018年の新年があけました。先週の1月6日初職員会議の時に、金剛学園教職員の皆さんに申し上げた言葉です。皆さんも読んでください。今年も是非とも宜しくお願いします。

===============================

여러분 새해 복 많이 받으세요.

지난 1년간 정말 수고 많으셨습니다.

여러분들께 지난 1년은 어떠셨습니까?

돌이켜보면 2017년은 제게 가끔은 외롭고 힘든 적도 있었지만 그래도 나름 열심히 보낸 한해였다고, 보람되고 후회 없는 1년이었다고 말할 수 있습니다.

인생은 공중에서 5개의 공을 돌리는 저글링이라고 합니다.

각각의 공은 일, 가족, 건강, 친구, 그리고 나 자신이고요. 이 5개의 공이 공중에서 계속해서 돌아가는,,그게 인생이라는 겁니다.

그 중에 일이라는 공은 고무공이어서 떨어뜨리더라도 바로 튀어 오르는 것이 특징이라 합니다.

그러나 다른 4개의 공들(가족, 건강, 친구, 그리고 나 자신)은 유리로 되어 있어서, 떨어뜨리게 되면 상처입고, 긁히고, 깨져서 다시는 전과 같이 될 수 없다고 합니다.

이 5개 공들이 서로 균형을 이룰 수 있도록 노력해야 성공하는 인생이라고 한다는데요.

그럼 어떻게 균형을 유지할 수 있을까요?

첫째. 자신을 다른 사람들과 비교함으로써 당신 자신을 과소평가하지 마시기 바랍니다.

왜냐하면 우리들 각자는 모두 다르고 특별한 존재들이며, 우리 자신에겐 많은 잠재적인 능력이 있기 때문입니다.

그러나 한편 둘째, 우리 자신을 너무 과대평가하지도 마시기 바랍니다.

가끔 우리는 지나친 주인의식 때문에 내가 아니면 안된다고 생각하고 남을 무시하기 쉽지만, 가끔은 내가 아니면 그 누군가 내 대신의 역할을 할 사람이 있다는 걸 꼭 기억하시면 좋겠습니다.

셋째. 여러분들의 목표를 다른 사람들이 중요하다고 생각하는 것들에 두지 말고, 자신에게 가장 최선이라고 생각되는 것에 두시면 좋겠습니다.

즉, 겉으로 보여지는 체면, 명예, 주변의 평가 등을 너무 의식하지 말고, 본인의 의지가 있다면 그 의지를 가지고 묵묵히 최선을 다해주시면 좋겠습니다.

그랬을 때 이 5가지 공은 조화롭게 돌아간다고 합니다.

제가 고등학교 때 국어선생님이 하셨던 말씀이 가끔 생각날 때가 있습니다.

너희가 하고 싶은 꿈에 ‘가난해도’이라는 말을 붙여도 여전히 그것을 하고 싶다면,,그게 바로 너희들의 진정한 꿈이라고요.

여러분께 ‘가난해도’라는 말을 붙여도 하고 싶은 일이 지금 현재 있으십니까?

작가가 되고 싶다. 근데 가난한 작가가 되고 싶다. 경찰관이 되고 싶다. 근데 가난해도 경찰관이 되고 싶다.. 그런 꿈을 갖기에는 우리는 너무 나이가 들었다고 생각합니다.

‘가난해도’ 당신이 하고 싶은 것이 있다면 그 꿈을 향해 살라고 하기에는 좀 지나치지만,, 가난해도라는 말 대신에 ‘힘들어도’ 지금 당장은 ‘내 편이 없어도’ ‘내가 지금은 지고 있는 것처럼 보여도’ 여러분들이 학교생활에서 하고 싶은 것이 있다면 그 꿈을 향해 열심히 하시는 여러분이 되시면 좋겠습니다.

제가 그때 대성각, 재일본한국인교육연구대회 위로회에서 한 말씀 기억하십니까? 사랑이란 말은 너무 추상적이라서..사랑 대신 존중 배려 감사를 한다면,,그게 바로 사랑이라고 생각한다고요.

올해 1년은..

내가 가진 아흔아홉 개를 더 채우기 위해 남으로부터 하나 더 뺏어오는 것이 아니라,

내가 남에게 아흔아홉 개를 주더라도 남은 하나를 더 주는 그런 마음을 갖는 여러분이 되시면 좋겠습니다. 그게 바로 존중이고 배려이고,,그런 가운데 감사와 사랑이 나오는 것이라 생각합니다

마지막으로 말씀드리겠습니다.

우리는 지나간 시간들을 ‘과거’라고 하지요. 과거 중에서 잊혀지지 않는 시간들을 특별히 우리는 ‘기억’이라고 합니다. 그 수많은 기억들 중에서 우리 마음을 따뜻하게 해준 순간들을 ‘추억’이라는 이름으로 부르고 있습니다.

그런데 모든 추억들이 우리 마음을 다 따뜻하고 아름답게 한 것은 아니었을 것입니다. 당시엔 너무 힘들고 괴로웠지만 시간이 지나고나니 추억이 되어버린 경우도 있었을 것이고, 어찌보면 우리가 말하는 추억들 중에는 시련의 시간들이 더 많았을 지도 모르겠습니다.

왜 이런 말씀을 드리냐면 나중에 금강학원에서 보낸 우리의 시간들이 떠올리기도 싫은 과거의 기억들로만 남을지, 아니면 웃으면서 떠올릴 수 있는 좋은 추억이 될지 그것은 시간이 지나야 알 수 있겠지만 적어도 후자 쪽으로 만들고 싶은 것이 제 생각이며 그렇기에 더더욱 하루하루 최선을 다하는 것입니다. 여러분들도 그러시길 바랍니다.

아무쪼록 저도 최선을 다해 올해 1년도 여러분들을 지원하고 존중하고 배려하며 사랑하도록 하겠습니다. 잘 부탁드립니다.

감사합니다.

===========================================

皆さん、明けましておめでとうございます。昨年は1年間、本当にお疲れ様でした。

皆さんにとって、昨年1年間はどのような年でしたしょうか。振り返ってみると、2017年は私にとっては、時には孤独でつらい時もありましたが、私なりに一生懸命に過ごした1年であり、充実した悔いのない1年だったと言えます。

ところで、人生は空中で回る5つのジャグリングだといいます。それぞれのボールは仕事と家族、健康、友達そして私自身だそうです。この5つのボールが空中で回り続ける、それが人生だというのです。

'仕事'というボールはゴムボールであり、落としてもすぐ飛び上がるのが特徴です。しかし、他の4つのボール(家族、健康、友達、そして私)はガラスで出来ていて、落としたら、傷つき、割れて、二度ともとのような状態にはなれないといいます。

この5つのボールが互いにバランスがとれるようにすれば、人生は成功するというのですが、では、どうしたらバランスを維持できるでしょうか。

第一に自分を他の人々と比較することで、あなた自身を過小評価しないでください。 なぜなら私たちはそれぞれ異なり特別な存在であり、われわれ自身には多くの潜在的な能力があるからです。

しかし、一方、第二に、われわれ自身をあまり過大評価もしないでください。時に私たちは、過度な自尊心のために私ではなければだめだと思って他人を無視しがちです。しかし、時には、私がいなくても、誰かが私の代わりをしてくれるものだというように考えてほしいと思います。

第三、皆さんが目標を持つ時には、他人の評価をあまり気になさらず、ご自身が一番大切だと思われることを目標にされるといいと思います。つまり、表に見えるメンツ、名誉、周囲の評価などを意識しすぎず、本人の意志が強いなら、その意志を持って黙々と最善を尽くしてくださったらと思います。

そうした時、この5つのボールはバランス良く回るそうです。

私が高校の時に、国語の先生がおっしゃった話が時々思い浮かぶことがあります。

君たちがやりたい夢に「貧しくても」という言葉をつけても、依然としてそれをしたいなら、それがまさに君たちの真の夢だという話です。

皆さんに「貧しくても」という言葉をつけてもやりたいことが今ありますか。作家になりたい。貧しくても画家になりたい。 警察官になりたい。 貧しくても警察官になりたい。 そんな夢を持つには、私たちは今あまりにも年を取ったと思います。

「貧しくても皆さんがしたいことがあるなら、その夢に向かって生きていってください」というとちょっと大げさですが、「貧しくても」という言葉の代わりに「大変でも」「今すぐは自分の味方がいなくても」「私が今は負けているように見えても」皆さんが学校生活でやりたいことがあるなら、その夢に向かって頑張っていただきたいと思います。

皆さんは私がデソンガクのお店で、在日本韓国人教育研究大会の慰労会でお話ししたこと覚えていらっしゃいますか。 愛と言う言葉はあまりにも抽象的なので、愛の代りに尊重、配慮、感謝をして生活したら、それがまさに愛するということだとお話しました。

最後に、今年は.

自分が99個持っているのに、他人からさらに1個を奪いとるのではなく、他人に99個与えたうえに、さらに最後の1個まで与えられる、そういう心を持つ皆さんになっていただきたいと思います。 それがまさに尊重であり、配慮であり、そういう中で感謝と愛が出てくるのだと思います。

最後にお話します。

私たちは過ぎ去った時間を'過去'と呼びます。その過去の中で忘れられない時間を特別に'記憶'と呼び、その数多くの記憶の中で我々の心を暖かくしてくれた時を'思い出'と呼んでおります。

ところで、全ての思い出が私たちの心を暖かくて美しくしてくれるものではないと思います。当時はとても耐えがたく、辛かったけれども、時間がたってみたら思い出になったケースもあるでしょう。ひょっとしたら、思い出のなかにはそういう試練の時間がもっと多かったかもしれません。

なぜこういうのを申し上げるかというと、後で金剛学園で過ごした我々の時間を思い出したくもない過去の記憶としてだけ残すか、それとも笑顔で思い浮かべられる微笑ましい良い思い出になるか、それは時間が経ってみたら分かるでしょうが、少なくとも後の方にしたいのが自分の意志であり、だからこそ毎日毎日を最善を尽くしてやっていくのです。皆さんも是非そうしていただきたいと思います。

どうか、私も最善を尽くして今年1年皆さんを支援して尊重し、配慮しながら、愛します。どうかよろしくお願いします。。

ありがとうございます。

“교직원 신년 인사 教職員の新年のあいさつ” への9件の返信

  1. 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。金剛学園のさらなる発展を心よりお祈り致します。
    さて、年明け最初のメッセージもとても興味深いものがありました。特に「君たちがやりたい夢に“貧しくても”という言葉をつけても、依然としてそれをしたいなら、それがまさに君たちの真の夢だ」との話はとてま心に染みました。
    私個人としても常に心に留めて置きたいテーマになりました!

  2. ありがとうございます。いつも自分のつたない文を読んでくださり、ご丁寧にコメントしていただいていること、大変うれしく、同時にありがたく存じております。
    児童生徒を直接教えたり指導したりしてかかわる教師の方から、ちゃんと希望と夢を持ってほしいですし、そういう情熱的な教師の下で教わった児童生徒たちも自然にそういう明るい人に成長できるだろうという確信からお書きしました。本当にありがとうございます。どうか今年も宜しくお願いします。お体ご自愛ください。

  3. 校長のお話、私も同感です。子供に“夢を持て”“自分のやりたいことに向かえ”という前に、私たち大人、親自身が夢や志を持っているのか?その為に前向きで、意欲的な姿勢で歩めているのか?努力しているのか?が問われるべきだと思いますし、子供はちゃんとそれを見ているのだと思います。子供たち一人ひとりに与えられているかけがえのない、唯一無二で無限の可能性や特性に自ら気づき、立ち上がり、突き進んで欲しいと思うばかりです。私も40代半ばを越え最近常に考えるのは、人生の折り返し地点を過ぎ、これからの人生の中自分に何が出来るのか?何をすべきか?ということです。
    私は子供の頃、学生時代は劣等感の塊でいつも自分に自信がなく、自分はダメだと考えたり、周りの目を気にして自分でない自分を繕ってばかりいました。しかし社会に出て色んな出会いや体験を通して気づかされたのは、“自分は自分でいい”“ありのままの自分で勝負する方が自分自身も周りも幸せなんだ”ということでした。以来、私の中では“自然体で生き、自然体で勝負できる人”という理想像が常にあり、そこに向かって成長していきたいと考えるようになりました。申し訳ありません、またまた長~くなってしまいました(涙) 校長のメッセージに触れるとさらに心を後押しされるようで、大変有り難く感じております(^-^)有難うございます。教師としての立場、親としての立場、その狭間で沢山の御苦労、忍耐や涙があるとお察し致します。陰ながら力強く応援、お祈りさせて頂きます!

    1. 本当にありがとうございます。こういう素晴らしい方ですから、、素敵な魂の持ち主ですから、お子さんたちも一人一人みんなしっかりしているんだな。。と改めて思いました。ありのままの自分、自然体の自分で堂々と生きること、、本当に大切だと思います。上条さんのお話こそ、いつも足りないところの多い私に大きな励ましを与えてくださいます。1月もあっという間に過ぎてしまいましたね。歳月の早さを最近あまりにも感じて、、たまに怖いくらいです。。たぶん日本での生活に限りがあるからでしょうね。。もっともっと頑張ります。お体、ご自愛ください。いつもご支援とご協力、本当にありがとうございます。

      1. 高校卒業式、本当に感動的で素晴らしかったです!思わず貰い泣きしてしまいました。
        改めて“金剛ファミリー”最高です!!
        こんなにも温かさ、愛がにじみ出る卒業式は他にはないと確信します。
        この素晴らしい家族文化こそが、何物にも替えがたい金剛学園の伝統であり宝物だと再確認させて頂きました(^-^)
        先生方にとっては、1つの大きな仕事を成し終えた充実感と、子供たちの成長を感じる満足感とともに、彼らが巣立っていく押さえ難い寂しさで一杯のことと思います。
        本当にお疲れ様でした。
        重ね重ね、素晴らしい卒業式に参加させて頂き誠に有難うございました。

        1. ありがとうございます。お返事があまりにも遅くなってしまいました。”忙しかったです。。”というだけでは、、あまりにも申し訳ないです。。今年の卒業式は本当に感動でした。特に上条さんの大きなお声もとてもよかったですよ!新しい2018年度の太陽が昇ったので、また改めて頑張ろうと思ったら、猫の手でも借りたいぐらいですが、、でも、楽しく、明るく、前向きにやっていきたいと思います。引き続き、上条さんの大きな支援とご協力、宜しくお願いします。

          1. こちらこそ今年度もどうぞ宜しくお願い致します。昌平オリンピックでの小平&李相花の友情エピソードは本当に感動的でした(^-^)
            さて、我々親はどうしても大学など子供の進路や学歴についてばかり関心が過ぎてしまいがちですが、、、、しかし校長も言われるように、国籍や文化など様々な背景の違いをもつメンバーが3年、6年、12年と共に過ごす金剛学園、この環境が実は何物にも代えられない恵み・価値があることを、中にいる私たちは案外忘れてしまいがちなように思います。子供たちがこの間、味わい、育まれる人間性は必ず大きな力になると確信します。

  4. 先日のPTA実行委員会で感じたたことをこの場でお伝えさせて頂きます。
    最近は“セルフブランディング”という言葉をよく聞きますが、校長が金剛のブランド化を積極的にそして懸命に模索しておられることに、個人的には大変共感する次第です。その意味からも今回のテコンドーの特待生?のお話には大いに結構だと思います!金剛の特色、強みを最大限に発揮しつつ発展出来る道は何か?という意味で素晴らしいことだと思います。
    また“グローバル人財育成”という観点から、「語学教育」を強化されているのも大賛成です。
    さてその上で、学力や学歴とは無縁の私が何を言える立場ではありませんが、、、中学や高校とくに高校から金剛を出て外の学校に行く皆さんからいつも聞かされるのは「金剛では国公立、理系は難しい」という話ですね。決して大きな学校ではありませんし、また限られた人材と体制の中ですから、あれもこれもと“無い物ねだり”をしたり、不満や批判の声ばかり口にしても何の発展もありませんので、、、。
    当然校長、学校側としてもそのあたりのことについても色々と考えてはおられることと思います。ぜひまたPTAの役員メンバーも含めて率直に意見交換、話し合いの出来る機会があれば良いのではないかと思うばがりです。
    あと、PTA総会に参加する保護者があまりにも少ないという内容ですが、それに関して実行委員会でも私の感じることをお伝えしましたが、私の記憶では(実際そうですが)、PTA総会の場で校長の口から直接保護者たちに、校長や学校としての考えや方針について語るようなことは今までなかったですし、ただ形式的な事だけが行われ伝達される場になってしまっているというのが現実ではないかと思います。その意味では昨年、校長がプレゼンをされたことは大変新鮮でしたし、とてもよかったと私は思います!
    ぜひ、保護者へのPTA総会案内プリントには「校長から保護者の皆さんへ、ぜひ伝え、ぜひ共有したいことがあります」みたいな?校長の思いをぜひ保護者に伝えるアプローチもしていただければ良いかと思います。
    特に、小1、中1、高1などこの学校に初めて子供を入れた保護者たちがまずは一番のポイントではないかと思います。その方々が総会に参加され感じたものがあれば、今後も毎年参加するのが当たり前になるのだと思います。とはいえ、自分の子供を預けている学校に対して関心が無さ過ぎるのは、正直信じられない世界があります。
    またまた長くなってしまいました。いつもながら大変失礼致しました。

  5. そうおっしゃっていただいて、とても嬉しいかぎりでございます。私も実は、上条さんがおっしゃったような内容がどうかと思い、準備中ですが、、思いだけで能力不足で、自分の熱い心がちゃんと伝わらなかったらどうしようと心配しております。
    でも、上条さんのお言葉に励ましをいただいて、一応頑張らせていただきます。そして、上に書かれた「金剛では国公立、理系は難しい」という意見も聞いておりますが、最近少ない人数ではありますが、府立、国立に受かる子が出ていますし、補修などを通して何とかそういう問題点を克服していきたいと思います。それについては、9日PTA会長団との協議会時に色々と話し合いましょう~~
    いつも良いお話に、感謝、また感謝です。この前、学校に寄贈していただいた”君たちはどう生きるか”という本を、いまお読みしております。忙しいということを言い訳にあまり本から離れている私には、とても良いきっかけになりました。色々と本当にありがとうございます。お幸せなゴールデンウィークをお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA