お知らせ

長いものの長さの単位

2年 2021.01.28

昔から、物の長さをはかるとき、人々は体の一部の長さを単位としていました。

そこで、今日の算数の時間に自分の体の一部の長さをはかってみました。

親指のはば(寸)や、にぎりこぶしのはば(つか)、親指と中指を広げた長さ(あた)は30cmものさし1つで、はかれたのですが、両うでを広げた長さ(ひろ)をはかるのは大変そうでした。

長いものの長さを正確にはかったり、わかりやすく表したりするにはどうすればよいでしょうか。

この単元で一緒に考えていきたいと思います。

DSC_2878  DSC_2883

自分の体の一部のおよその長さを覚えておくと、長さの見当をつけるときに便利ですね。